スタジオ GAYA

開放系技術論

高地で、盆地で、海岸線での3つの道筋とする。
海岸線で、日々の日報を交える

6月は地元世田谷と銀座ギャラリー「せいほう」で展覧会を開催します。
まずは6日からの旧甲州街道沿いの三代目鍛冶屋でもある清水工業所「土間ギャラリー」での小品展 のお知らせ。21日からの「せいほう」での展示は木彫と金属線刻が中心です。新人として立体に取り組み、3年経ちました。 その区切りとします。地元世田谷では小品展を持ちます。時節柄、「護符、厄除け」を作ったので、ご覧ください。

「ギャラリーせいほう」展について
掘る、彫る、刻むーーは自分の性に合っているな、と考えるに至った。描く、塗る、と比較すれば、である。
昨年、石を彫った。ネパールの石工アルジュンの助けを借りた。面白かった。でも物足りなさも残った。こんなに面白いのは独人でやるに限ると考えた。いささか長く建築設計してきた。設計で大きいのは独人では全ては出来ぬ。種々の技術者達との協働である。何よりも実物と呼ぶ物体を作るはゼネコン他の大小組織の力を借りねばならぬ。
独人で「立体」を作り尽くそうと考えた由縁である。
独人で山にゆき、海辺を歩き、材料を先ず拾い集めた。伊良湖半島老澤町伴野一六(※)を倣ったのである。
一六さんにはまだ遠く及ばぬが、彼の「生」の中枢の喜びは少しばかり知った。老いたけれど長生きして、作り続ける。
2021年6月4日 石山修武

「伴野一六邸異聞」(『異形建築巡礼』国書刊行会、所収)

岡本太郎「明日の神話」コロナ事変下で

WTCビル(NY)のイスラム原理主義者達による消失事件は当時のブッシュJr.大統領が「コレは戦争である」と述べたが、それに続く数々の大災害の連続、コレには福島第一原発の消失も含まれよう。コレもほぼ戦争に相似する。
今(2021年春)、渋谷駅コンコースに、メキシコから帰還した「明日の神話」は、大阪千里の太陽の塔と共に、人々が注視することは無いが、冷然として在り続ける。何がそう在らしめたのだろうか?
簡単な答えはあり得ようもないが、やはり子供達、わたくしの様な高齢者も包含する膨大な人々の無意識の集合がそうさせていると、考えるのが一番、それこそ明日の神話なのではあるまいか。希望はまだ在るのだ。

「大きな装飾」
高地でツクツェの計画

「世田谷村の類人猿」

「外連国小洒落日本」 COOL JAPAN VARIETY BANG

ディレクター・シナリオ = 高平哲郎
大阪城下での劇場づくりがいよいよ本格的になってきました。
そのダイジェストの細部をこれから報告していきたいと思います。
以下、渡邊大志、佐藤研吾のホームページをご覧ください。
渡邊大志HP
佐藤研吾HP
石山修武